Guidance診療のご案内

初めて当院を受診される方へ

当院は原則予約制となっております。事前にお電話でご予約をお願い致します。

ご来院時にお持ち頂きたいもの

  •  健康保険証
  •  他院で治療を受けられていた方は、紹介状(診療情報提供書)
  •  お薬手帳(お持ちでない方は、現在服用中のお薬をご持参下さい。)
  •  公費負担を受けられている方は、自立支援受給者証
  •   (事前に指定医療機関の変更手続きをされた方は、初診時より適用されます。)
  •  生活保護受給者の方は、医療券をご持参下さい。

D-pass (クラウド型モバイルカルテ)の導入について

当医院は、往診診療および内科をはじめ他科との連携(通常の受診のみならず急な受診の際も受け入れ先の病院の要請により、迅速に情報提供を行います)をスムーズに行うため、心療内科、精神科領域でいち早く在宅医療支援システム D-pass (クラウド型モバイルカルテ)を導入しております。なお、個人情報を含め情報管理を管理運営会社で行っておりますのでご安心下さい。

こんな時はぜひ当院へお越し下さい

  •  なんとなく疲れやすい、だるい。
  •  何もやる気がしない。
  •  気分が憂うつで何でも悲観的に考えてしまう。
  •  わけもなく悲しくなり、死ぬことばかり考えてしまう。
  •  最近の出来事を忘れてしまう。
  •  寝つきが悪い、ぐっすり眠れない。
  •  食欲がない
  •  わけもなくイライラ、ドキドキする。
  •  人ごみや電車の中で動悸がしたり息苦しくなる。
  •  人の視線が気になったり、監視されているように感じる。
  •  周囲の人から悪口を言われている気がする。
  •  緊張して人前で話したり、一緒に食事ができない。
  •  空耳(幻聴)や妄想がある。
  •  頭痛、腹痛、耳鳴り、めまい感などがあるのに、他院ではどこも悪くないと言われる。
  •  戸締まり、火の始末を何回も確認してしまう。
  •  汚いのではないかと頻繁に手を洗ってしまう。
体の健康づくりと共に、心の健康づくりのために気軽で確かな「こころのかかりつけ医」が必要です。体が風邪をひくのと同じ様に、心も風邪をひきます。ひどくなると、つらいことさえ感じなくなってしまい、状況が悪化するばかりです。
少しでもつらいなと感じたら、ぜひお早めに当医院へご相談下さい。

薬物療法について

以前は、お薬による副作用で体がこわばってしまったり、手が震えたり、よだれが出たりということがあり、患者さまは大変な思いをされながら治療していました。
しかし、昨今の薬物療法は目覚しい進歩を遂げており、患者さまの病状や体質に応じて様々な薬が使えるようになりました。

当院では、患者さまに病状を丁寧にお伝えし、病状ごとの適切な薬物療法について得られる効果と副作用を併せてご説明しております。更に、患者さまご本人のご希望も伺いながら、処方内容を決定していきます。
このようなやり取りの中で、ご自身の病状を知り、薬がなくても症状に対処できるようになることを目指しています。

連携医療機関

  •  公益法人財団 井之頭病院
  •  昭和大学附属烏山病院
  •  財団法人聖マリアンナ会 東横惠愛病院
  •  医療法人社団碧水会 長谷川病院
  •  都立 松沢病院
  •  医療法人財団厚生協会 大泉病院 など

守秘義務と個人情報について

医師法にも規定されていますが、個人情報保護法に従い、守秘義務を遵守し、個人情報の取り扱いには十分配慮しております。

Outline

杉並区浜田山の心療内科・精神科

鈴木医院

〒168-0065
東京都杉並区浜田山3-34-16

[電話番号] 03-5357-8820

診 療 時 間

7:00~11:30

14:00~20:00

・・・9:00~11:30 / 14:00~18:00
・・・第1・3土曜 14:00~17:00
[休診日] 木曜・金曜

祝日の翌日は休診となります。


ページトップへ